東和不動産一級建築士事務所のデザイン住宅施工事例

住宅デザインへのアプローチ

デザイン住宅
ノートPC

ファサードをデザインする

「ファサード」とはフランス語の顔に由来する建築用語で、建物を正面からみた外観を言います。
人の第一印象が大事であるように、建物も第一印象で大きくイメージが変わります。
ファサードを意識した設計デザインをすることで、毎日帰りたくなる家にもなるし、
お客様を呼びたくなる家にもなり、通りかかる人が思わず目を奪われる家にもなります。

・スタイリッシュな外観の家
・和モダンデザインの家
・細部にも拘りをもった設計
・家事動線を考えたプランニング
・柔軟な発想による建築デザイン

性能を計算する

オシャレな家だけど、住んでみたらなんか夏は暑いし冬は寒い、
格好いいデザインだけど、デザイン追求しすぎて地震がきたら倒れそう、
こんな家では何のために建てたのか本末転倒です。
住宅はそこで住まう人のために作られるもの、デザインのために居住性を損ねてはなりません。
耐震性や断熱性能をきちんと計算して、デザインと性能のバランスがとれた設計をする必要があります。

・耐震等級3をクリアした耐震性能
・北海道・東北地方レベルの断熱性能
・オール四寸の柱・土台・梁桁
・許容応力度計算によって梁せいの安全を確認
・細部に至るまで建築施工をチェック

コストを意識する

建物に使用できる素材は多々あれど、格好いいからと闇雲に使ってはコストは上がるばかりです。
住宅は一般的にローンを借りて作られるもの、コストを考えなれば未来の借金が増えるだけ。
抑えるべきところは抑える、使うべきところは使う、デザインにはメリハリが大事です。
素材の選び方や使い方を考えれば、コストをさほどかけなくてもデザイン住宅はつくれます。